北九州で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。相談が寄せられた件数年間911件
  • 九州最大級の実績
  • 交通事故被害者に寄り添います
  • 満足度96.6%
  • 事務所までのアクセス

交通事故解決実績

  • 頭部の怪我の解決実績
  • 顔の怪我の解決実績
  • 首の怪我の解決実績
  • 肩の怪我の解決実績
  • 脊椎・脊柱の怪我の解決実績
  • 腕・肘・手の怪我の解決実績
  • 腰の怪我の解決実績
  • 骨盤・股関節の怪我の解決実績
  • 足の怪我の解決実績
  • 死亡事故の解決実績
  • 高次脳機能障害の解決実績
  • 相談実績はこちら

ポータルサイトの注意点

弁護士桑原から交通事故被害者の方へ

弁護士桑原淳

交通事故に遭われた方、そのご家族の皆様は、相当なご苦労をされていることと思います。

私は、弁護士登録をしてから現在に至るまで、主に交通事故の被害者の方からのご相談・ご依頼をお受けしてきました。

一方で、交通事故の加害者(あるいは保険会社)からのご相談・ご依頼はお受けしておりません。

このように私が交通事故被害者の救済にこだわる理由は、

  1. 交通事故の被害者と保険会社との間で、大きな情報格差があること
  2. 弁護士が介入しない場合、適正な示談がなされていないこと

以上の2点です。

保険会社との間で情報格差があること

弁護士桑原淳・向井

保険会社は、当たり前のことですが、交通事故対応のプロです。

何百件、何千件もの交通事故対応の経験があります。

他方で、交通事故被害者は、初めて事故に遭ってどうしたらいいのか分からないというのが普通のことだと思います。

この時点で既に交通事故被害者と保険会社との間には大きな情報格差があるのです。

交通事故被害者が自力で保険会社と対等に戦おうとすれば、この情報格差を埋めるために、膨大な勉強をして知識を身につけなければなりません。

しかし、事故の被害に遭い、苦しい思いをしながら保険会社と対等に戦うことは、一般的には困難だろうと思います。

このような被害者を救済するためには、やはり弁護士の力が必要なのです。

適正な示談がなされていないこと

弁護士桑原淳

上記1に記載したとおり、保険会社と交通事故被害者との間には大きな情報格差が存在します。

そして、このことに起因しますが、保険会社と交通事故被害者との間で適正な示談がなされていないという現状があります。

本来支払われるべき慰謝料が支払われていない本来補償されるべき補償がなされていない、しかも、交通事故被害者はそのことに気が付いていない

私は、こういう現実を目の当たりにしてきました。

保険会社が初めから交通事故被害者へ適正な金額で示談提示をしていればなにも問題はありません。

しかし、残念ながらまだそのような状況、環境にはなっていないのです。

このような立場に置かれた被害者を救済することが、私の使命だと考えています。

満足度96.6%!お客様の声

他の所で感じた肩身の狭さや相談のしづらさが全然ありませんでした

お客様からのアンケート
※クリックで拡大します

保険会社との交渉も全て安心してお任せして、療養に専念することができました

お客様からのアンケート
※クリックで拡大します

[お客様の声をもっと読む]

たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由

北九州での交通事故発生状況

次の表は、平成28年の北九州における交通事故発生件数、死者数、傷者数をまとめたものです。

平成28年の北九州における交通事故の発生件数は7,729件、このうち死者数は16人、負傷者数は1万517人でした。

  発生件数 死者数 負傷者数
県下合計 37,308件 143人 49,917人
北九州市全体 7,729件 16人 10,517人
門司区 614件 5人 855人
若松区 543件 1人 728人
戸畑区 356件 0人 468人
小倉北区 2,069件 4人 2,820人
小倉南区 1,545件 2人 2,076人
八幡東区 529件 2人 732人
八幡西区 2,073件 2人 2,838人

平成28年の交通事故の発生件数は7,729件で、前年に比べ346件減少しており、死者数は、7名減少、負傷者は568人も少なくなっています。

北九州の交通事故はたくみ法律事務所の弁護士にお任せ下さい

北九州市は、人口約95万人と100万人近い人口を誇る政令指定都市です。

九州で最も高い工業集積、技術集積を有し、鉄鋼、化学などの基礎素材型産業に加えて、自動車、先端半導体、ロボットなどの加工組立型産業の集積が進み、蓄積された「ものづくり技術」を活かして地域の活性化が図られてきました。

また、深刻な公害問題を克服した経験や技術を活かし、我が国最先端の環境産業の集積や循環型の都市づくりが進んでいます。

平成17年には大水深バースを備えたひびきコンテナターミナルが整備され、平成18年には24時間運航可能な北九州空港が完成するなど、アジアの物流拠点として基盤整備が進んでいる地域でもあります。

北九州市では交通事故の減少を目指し、毎年、交通安全に関しその年度で実施する施策を取りまとめた計画を立案し、北九州市交通安全対策会議において審議、策定しています。

これまでにも交通事故の対策について様々な内容が話し合われていますが、平成25年においては、通学路の緊急合同点検の実施、自転車保険加入促進のための取組み、高齢者の交通事故防止のための呼びかけ、道路照明等の設置等の案が出され、実際にその多くが実現されてきました。

このような取り組みの結果もあり、北九州市の交通事故は減少傾向にあり、今後も継続的な取り組みが期待されています。

しかし、依然として8,000件近い交通事故が発生しており、多くの交通事故の怪我等に苦しむ被害者、そのご家族の方が存在します。

たくみ法律事務所は、そんな被害者、そのご家族の方が、一人でも多く適正な補償を受けることができるよう、交通事故の完全被害者側専門の弁護士として活動しています。

たくみ法律事務所では、相談日時や時間、連絡手段など、できる限り依頼者様のご都合に合わせて柔軟に対応することが可能です。

また、「相談したいけど、費用が心配…」という方。ご安心ください。

たくみ法律事務所では、人身事故の相談料・着手金を無料、報酬についても完全後払いとし、保険会社からの賠償金を取得した後に頂く成功報酬制を採用しておりますので、ご依頼時に費用は一切発生しません。(詳しくは弁護士費用をご覧ください。)

たくみ法律事務所は、これまでの経験を踏まえ、依頼者様に必ずご満足いただけると思っております。

北九州の交通事故でお悩みの方々、ぜひ、たくみ法律事務所にお気軽にご相談ください。

アクセスマップ

PAGETOP
福岡県弁護士会所属(登録番号29660) Copyright © 北九州の交通事故弁護士相談【被害者側専門】 | たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.