長崎県在住の80代男性(無職)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、自転車で信号のない交差点の横断歩道を横断していた際に交差点を直進してきた自動車に轢かれるという交通事故に遭われました。

ドクターヘリで救急搬送され、マルゲーヌ骨折、下顎骨骨折等の大怪我を負われ、そのまま手術・入院を余儀なくされました。

事故後、ご家族より今後の後遺障害や保険会社との対応等を詳しい弁護士に任せたいということで当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後、まずはこれまでの治療経過を把握するべく診断書などを取り寄せ、治療経過と症状の確認を行い、後遺障害の被害者請求の準備を始めました。

その結果、骨盤、下顎骨、顔面の骨折、頭部外傷等で後遺障害1級1号が認定されました。

認定後は後見人の選任申立を行い、保険会社との示談交渉を開始しました。

しかし、3,700万円と適正な金額とは程遠い額しか提示されなかったため、裁判へと移行し、医療記録を元に丹念に反論をした結果、総額約5,790万円での和解案が提示されました。

補償の内容は以下のとおりです。

傷害慰謝料 300万円
入院雑費 40万円
付き添い費 97万円
後遺障害慰謝料 2,800万円
介護費・介護雑費 2,000万円
成年後見人報酬 230万円
近親者慰謝料 450万円
総賠償額 約5,790万円

この事例の詳細は、【解決実績】後高次脳機能障害で後遺障害1級1号に認定され、近親者慰謝料も補償された事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由