福岡県糟屋郡在住の30代男性会社員の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、バイクに乗車中、赤信号のため停車し、信号が青になっったため発信しようとしたところに加害者の運転する自動車から追突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、腰椎捻挫、腰椎捻挫などの怪我を負われました。

事故後、整形外科と整骨院に通院し治療を行っていましたが、弁護士に今後の交渉や対応などのアドバイスをしてほしいとのことでご来所頂き、ご依頼をお受けいたしました。

ご依頼後から解決まで

加害者の保険会社は、この方は整形外科と整骨院を同日受診していたため、整形外科の診療報酬しか支払わないと主張し、整骨院での施術費を支払っていませんでした。

そこで、自賠責保険に対して、適正な施術であるという医師の意見書等をつけたうえで整骨院の診療報酬の支払いについて被害者請求を行い、整骨院での治療費を支払ってもらうことができました。

その後、保険会社との交渉を重ねた結果、傷害部分の治療費として49万円が補償され、任意保険からも示談金を125万円の示談金を獲得することができました。

損害項目の内訳は以下のとおりです。

治療費 49万円(被害者請求分)
休業損害 23万円(請求通り)
傷害慰謝料 73万円
合計額 125万円

この事例の詳細、ご依頼者からのアンケート等、詳しくは、【解決実績】相手方保険会社が支払拒絶した整骨院施術費を自賠責保険から回収できた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由