被害者 京都郡在住の50代女性 / 職業:主婦
傷病名 右肩関節脱臼骨折、右恥骨・座骨・仙骨骨折、右第4指骨折、鼻骨骨折等
後遺障害 12級7号
解決内容 後遺障害等級認定サポートで12級7号認定、スピード解決

事故態様

50代の福岡県京都郡在住の女性(兼業主婦)が、知人の運転する車に同乗していたところ、対向車線からセンターオーバーしてきた車と正面衝突する事故に遭い、骨盤骨折等の重傷を負いました。

ご相談内容

弁護士桑原淳

被害者は、事故後、入院治療を受け、その後無事に退院して通院リハビリを続けられていました。

相手の保険会社とのやりとりが苦痛であり、治療に専念するためにも弁護をお願いしたいとのことでご相談に来られました。

当事務所の活動

弁護士桑原淳

治療中の段階からご依頼をお受けし、以後の相手保険会社とのやりとりについては、すべて当事務所が窓口となって対応をしました。

また、被害者の方の治療経過や症状などを確認するために、定期的に医療機関から診断書等の取り付けも行い、被害者の症状などを把握するようにしていました。

その後、医師からはこれ以上の回復は望めないとの話もあり、その時点で被害者には後遺症が残存していたことから、当事務所で後遺障害の申請を行いました。

後遺障害の申請の結果、骨盤骨折後の右股関節の動きに支障があるとのことで、12級7号の後遺障害の認定がなされました。

続いて、相手の保険会社とも示談交渉を行ったところ、裁判した場合に認められるであろう補償額と同額の1,220万円を支払うとの回答が得られたことから、示談による解決となりました。

主な損害項目と金額

休業損害 204万円
傷害慰謝料 220万円
逸失利益 478万円
後遺障害慰謝料 290万円
総賠償額 1,225万円

弁護士桑原の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

治療中の段階から、万が一後遺症が残ってしまった場合に備えて診断書の取り寄せ等の準備をしていたことから、後遺障害の申請やその後の示談交渉まで時間をかけずに進むことができました。

また、今回は、後遺障害の認定結果が出てから示談による解決までわずか2週間での早期解決となりました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由