福岡県在住の40代男性(自営業)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、自動車で赤信号のため停車中、後続車に追突され、1度は前方に停車していた自動車の手前で止まれたものの、再度追突されたために前方の車に衝突しする玉突き事故に遭われました。

この事故で、外傷性頚部症候群、腰椎捻挫、両肩関節捻挫等の怪我を負われました

事故後、3ヵ月ほど通院され、「いつまで治療が続けられるか」、「治療を続けて、万が一症状が良くならず障害が残ってしまった場合にどのような補償が受けられるのか」という不安を感じ、当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後、まずは治療に専念していただきました。

それと同時に、今までの治療経過や現状の痛みを丁寧に聞き取り、後遺障害申請に備えた主治医との面談を行いました。

面談の結果、首・腰ともに今後痛みが長く残る可能性が高いことが判明したため、後遺障害申請を行い、併合14級が認定されました。

認定結果をもとに保険会社と示談交渉を行い、無事、請求どおりの金額で補償が認められました。

補償の内容は以下のとおりです。

入院雑費 2万円
休業損害 30万円
傷害慰謝料 107万円
逸失利益 71万円
後遺障害慰謝料 105万円
総賠償額 318万円

この事例の詳細、ご相談者様からのアンケートなどは、【解決実績】後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由