田川郡在住の50代女性(歯科衛生士)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、片側2車線の右側を走行中、3台先の自動車が右折しようとしていたために前方の車が停車したので、車間距離をとって停車しました。

すると、後方を走行してきた車に追突され、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負う交通事故に遭われました。

事故後、加害者の保険会社から治療費などは支払われていたものの、今後怪我が完治せずに後遺症が残ってしまった場合のサポートや、きちんとした補償を受けたいと考え、当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

今回、事故後1ヵ月経過した頃にご依頼いただいたため、症状固定前の通院期間中よりサポートをさせていただきました。

ご依頼後もしばらく整形外科へ通院いただき、リハビリを続けられましたが、完治せず、指や足にしびれが残ったことから、約半年経過した時点で症状固定とました。

また、事故の後遺症で仕事を退職せざるを得なかったため、その旨を証明する文書を元の勤務先に作成をご協力いただき、それを後遺障害の申請時に同封して自賠責保険に送付しました。

その結果、14級9号が認められ、この結果をもとに保険会社と数回に渡る示談交渉を行い、無事、適正な賠償を受けることができました。

補償の内容は以下のとおりです。

休業損害 52万円
傷害慰謝料 81万円
逸失利益 80万円
後遺障害慰謝料 110万円
合計額 240万円(過失相殺なし)

この事例の詳細、ご相談者様からのアンケートなどは、【解決実績】後遺障害等級認定サポートでむちうちで14級が認定され、示談で240万円の補償を受けた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由