福岡県春日市在住の30代女性(兼業主婦)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、下り坂になっている直線道路で駐車場に入るためウインカーを出して停車していたところに後続車に追突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、外傷性頚部症候群、外傷性右坐骨神経痛、頚椎椎間板ヘルニア、腰部捻挫、右肩関節捻挫などの怪我を負われました。

事故後、整形外科と整骨院に通院をしていたのですが、事故後5ヵ月経ったタイミングで、整骨院への通院について治療費を打ち切られてしまい、自費通院を続けていました。

保険会社との交渉など全てを任せたいと当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後、治療に専念していただき、その間に当方で診断書を取り寄せ、具体的な怪我の内容や治療内容を確認し、相手の保険会社と交渉を行いました。

当初、保険会社は主婦としての休業損害は0円であると主張してきましたが、事故後、怪我がどのように生活に影響しているかを細かく説明し、交渉を続けた結果、休業損害約32万円が認められました。

補償の内容は以下のとおりです。

休業損害 32万円
傷害慰謝料 84万円
最終支払額 117万円

この事例の詳細は、【解決実績】保険会社が0円で提示した主婦の休業損害を32万円と認めさせた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由