福岡県在住の30代男性(会社員)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、自動車で交差点を青信号で通過中、対向車線から右折してきた加害者運転の自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負われました。

事故後、2ヵ月ほど経過したタイミングで、今後の保険会社との交渉や、損害賠償について弁護士に相談したいと来所され、ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後、まずは治療に専念していただき、通院期間や交渉のタイミングについて検討を行いました。

その後、治療終了のタイミングで加害者の保険会社と交渉を開始し、物損では当方の主張が認められ、過失割合でも裁判所が認定すると予想される割合での決着となりました。

また、人身部分については、依頼者が、事故による影響で生活にどのように支障が出ているのかを細かく説明した結果、裁判した場合と同じ金額で傷害慰謝料を認めてもらうことができました。

補償の内容は以下のとおりです。

傷害慰謝料 82万円(裁判基準)
通院交通費 3万円
過失割合 10%
総賠償額 72万円(治療費含む)

この事例の詳細は、【解決実績】示談交渉で裁判基準満額の慰謝料が認められ、約1週間で解決できた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由