福岡県大牟田市在住の70代女性(主婦)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、交差点の横断歩道が青信号であったため徒歩で渡っていたところ、正面より右折してきた自動車に衝突され、亡くなられました。

この事故後、保険会社より2,050万円の提示を受けた御遺族の方が、この金額が果たして妥当なものなのか、適切な金額で示談をしたいと相談を受け、ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後すぐ損害計算を行いました。

計算の結果、自賠責保険の基準額で算定されていることがわかり、慰謝料の提示額は低い状態となっていることがわかりました。(逸失利益は裁判をした場合よりも多く算定されていました。)

このことから、裁判を視野に入れ交渉を続けた結果、わずか2ヵ月で500万円の増額をすることができました。

より適切な金額の補償をうけていただくため、裁判を検討しましたが、御遺族の意向もあり、裁判をせずに示談解決となりました。

補償の内容は以下のとおりです。

死亡慰謝料 (提示額)1,000万円 → (交渉後)1,980万円(980万円増額
最終支払額 (提示額)2,050万円 → (交渉後)2,550万円(500万円増額

この事例の詳細、お客様の直筆アンケートなどは、【解決実績】死亡事故で保険会社の提示額から2ヵ月で約500万円増額し、適正な賠償金で解決した事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由