事故当時長崎県在住の60代女性(自営業)の事例です。

事故の状況からご依頼まで

この方は、丁字路交差点の直線路を徒歩で渡っていたところ、突き当りよりバックしてきたくるまに衝突されました。

事故後すぐに救急搬送されたものの、外傷性くも膜下出血等により、亡くなられました。

御遺族より、今後の加害者側との交渉など、対応を弁護士に任せたいとご相談いただき、ご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後、事故状況の把握のために刑事記録を取り寄せると同時に、御遺族の方々にご協力いただき、保険会社に請求するために葬儀費用などの確認を同時並行で行いました。

資料の収集、確認を終え、保険会社と示談交渉をしたものの、最終回答は4,700万円での提示でした。

これを受け、御遺族と協議し、弁護士費用や遅延損害金も付加されることを考慮した結果、裁判へと移行することとしました。

裁判では過失割合が争点となったものの、基準よりも有利な過失割合で解決でき、総額5,200万円での和解案が提示されました。

過失割合は100%納得できるものではないものの、その他損害項目がしっかりと提示されていたことで、和解による解決となりました。

補償の内容は以下のとおりです。

逸失利益 2,158万円
死亡慰謝料 2,500万円(遺族固有の慰謝料含む
葬儀費 130万円
調整金 600万円
過失 5%
最終支払額 5,200万円(500万円増額

この事例の詳細は、【解決実績】死亡事故で、裁判をすることで保険会社提示の賠償金より500万円を増額した事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由