事故の状況からご依頼まで

熊本県熊本市在住の事故当時70代の女性が、横断歩道を歩行中、携帯電話での通話に気を取られて前方不注視のトラックにはねられ、救急搬送先の病院で出血性ショックで亡くなられました。

事故から3年が経過しようとしている時に、加害者や相手方保険会社の誠意が感じられない対応に不信感を抱いたご遺族からご相談を受け、当事務所にご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼後、事故状況や刑事記録を詳細に確認した上で、相手方保険会社が提示した賠償金について、逸失利益について被害者が受けていた遺族共済年金が一切考慮されていない点や、ご遺族に対する慰謝料が全く考慮されていない点を指摘し、交渉を重ねました。

しかし、ご遺族にご納得いただける金額には至らなかったため、裁判へと移行しました。

裁判では、逸失利益及び死亡慰謝料の金額が争点となりましたが、最終的に当方の主張が受け入れられ、かつ、裁判費用や遅延損害金についても賠償が認められ、解決となりました。

補償の内容は以下のとおりです。

逸失利益 【サポート前】346万円 → 【サポート後】367万円(21万円増額
死亡慰謝料 【サポート前】1,800万円 → 【サポート後】2,800万円(1,000万円増額
弁護士費用・遅延損害金 【サポート前】0円 → 【サポート後】131万円
合計額 【サポート前】2,146万円 → 【サポート後】3,300万円(1,154万円増額

この事例の詳細は、【解決実績】死亡事故の裁判で、提示から約1,150万円の増額が認められた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由