事故の状況からご依頼まで

福岡県在住の男性がバイクで交差点を直進中、脇道より侵入してきた車に衝突され、むちうち、左大腿部擦過性挫創、右鎖骨遠位端粉砕骨折の怪我を負う交通事故に遭われました。

事故後、病院に緊急搬送され、右鎖骨遠位端粉砕骨折の骨接合術を行い、2ヵ月間入院加療を続けられました。

退院後もしばらく継続して通院加療を行い、症状固定となった直後に、過失割合と後遺障害申請、保険会社との示談交渉を弁護士に任せたいと相談いただき、ご依頼となりました。

ご依頼後から解決まで

受任後すぐに後遺障害の申請に必要な書類を集めるとともに、刑事記録を取寄せて過失割合についても同時進行で確認検討を行いました。

その後、後遺障害申請の結果、12級6号と認定され、この結果をもって保険会社と示談交渉を開始しました。

示談交渉では、傷害慰謝料・逸失利益・後遺障害慰謝料が争点となりましたが、裁判をすることなく1,204万円の補償を受けることができました。

補償の内容は以下のとおりです。

入院雑費 14万円
休業損害 255万円
傷害慰謝料 230万円
逸失利益 896万円
後遺障害慰謝料 275万円
最終支払額 1,204万円

この事例の詳細は、右鎖骨遠位端粉砕骨折等で後遺障害12級の認定、裁判せず1,204万円の補償を受けた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由