事故の状況からご依頼まで

福岡県在住の男性が、丁字路交差点の直線路の停止線に赤信号のため停車していたところ、居眠り運転の対向車から正面衝突されるという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で、頚椎捻挫・左肩関節捻挫、腰部打撲症、右股関節打撲傷等の怪我を負われました。

今後の治療や後遺障害のことについて困っていたところ、同僚に当事務所を紹介され、相談・ご依頼となりました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼時は、事故から1ヵ月程度経過した頃で、その後6ヵ月通院をしていただきました。

しかし、治療を続けても痛みやしびれがのこっている状態であったため、症状の内容や事故状況、通院状況などを総合的に検討し、後遺障害の申請を行うとこととなりました。

申請の結果、併合14級の後遺障害が認定されえ、この結果を踏まえて保険会社と数回の交渉を経て、傷害慰謝料・後遺障害慰謝料は満額、総額についても裁判で予想される賠償金を超えた金額で示談することができました。

補償の内容は以下のとおりです。

休業損害 11万円
傷害慰謝料 95万円(満額)
後遺障害慰謝料 110万円(満額)
逸失利益 68万円
最終支払額 290万円(自賠責保険金含む)

この事例の詳細は、【解決実績】むちうち等で後遺障害併合14級の認定、裁判せずに290万円の補償を受けた事例をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由