事故の状況からご依頼まで

福岡県在住の30代女性が歩行中に車に衝突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で、左上腕骨骨幹部骨折・右鎖骨骨折などの怪我を負われました。

事故後、しばらく通院した後に症状固定をし、事前認定で後遺障害14級が認められました。

後遺障害の認定後、加害者の保険会社より示談金の提示があり、適正かどうか素人の自分では判断がつかないため、弁護士に今後の交渉を含め相談したいと来所され、ご依頼となりました。

ご依頼後から解決まで

今回はすでに後遺障害が認定されていましたので、まずはその認定が適切であるかどうかを資料等の確認や医療機関への医療照会などを行い、検討しました。

その結果、適切な認定であると判断し、裁判になった場合に想定される賠償金を算定し、今回は、裁判になると低額の賠償金しか認められないリスクがあったため、示談交渉での解決を目指しました。

何度かの交渉を経て、休業損害・慰謝料・逸失利益を提示から大幅に増額し、総額で賠償金から114万円以上の増額となりました。

補償の内容は以下のとおりです。

傷害慰謝料 【提示額】108万円 → 【解決額】180万円(72万円増額)
逸失利益 【提示額】80万円 → 【解決額】117万円(37万円増額)
後遺障害慰謝料 【提示額】44万円 → 【解決額】110万円(66万円増額・裁判基準)
休業損害 【提示額】67万円 → 【解決額】112万円(45万円増額)
入院雑費 【提示額】6万1000円 → 【解決額】9万7500円(3万6500円増額)
付添費 【提示額】0円 → 【解決額】12万8000円(12万8000円増額)
交通費 【提示額】2万4000円 → 【解決額】9万5000円(7万1000円増額)
過失 【サポート前】10% → 【サポート後】10%
最終支払額 【提示額】186万円 → 【解決額】300万円(114万円増)

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由