事故の状況からご依頼まで

福岡県在住の70代女性が原付バイクで走行中、自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で、慢性硬膜下血腫、肋骨骨折、腓骨近位骨幹部骨折等の大怪我を負われ、パートの退職を余儀なくされていました

事故後、加害者の保険会社から示談金の提示があったため、適切な金額なのか判断してほしいと当事務所へご相談いただきました。

資料を確認したところ、慰謝料はいわゆる弁護士基準よりも大幅に低い金額となっていたため、当事務所にご依頼いただきました。

ご依頼後から解決まで

相談時に聞き取った残存している症状について、後遺障害が認定される可能性が高いと判断したため、まずは後遺障害等級認定サポートをさせていただきました。

申請のために必要な資料を準備していただき、当方関与のもと後遺障害申請をした結果、後遺障害12級相当の認定を受けることができました。

なお、相手保険会社からは後遺障害の申請について何の説明もされていなかったとのことです。

後遺障害の認定後、保険会社と交渉を行い、最終的に約529万円もの賠償金の増額に成功しました。

詳細は以下のとおりです。

傷害慰謝料 【提示額】139万円 → 【解決額】200万円(61万円増額)
逸失利益 【提示額】0円 → 【解決額】260万円(260万円増額・裁判基準)
後遺障害慰謝料 【提示額】0円 → 【解決額】290万円(290万円増額・裁判基準)
休業損害 【提示額】56万円 → 【解決額】64万円(8万円増額)
最終支払額 【提示額】267万円 → 【解決額】796万円(治療費・自賠責保険獲得金含む)

お客様アンケート

お客様アンケート20181116

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由