事故の状況からご依頼まで

北九州市在住の50代の男性が自動車で赤信号のため停車していたところに、後続車が脇見をしていたために追突されるという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で頚椎捻挫、腰部捻挫、左肩関節挫傷の怪我を負い、数ヶ月の通院を余儀なくされました。

しかし、頚部痛がなかなか良くならないことから、他の病院にて精密検査を行ったところ、外傷性軽椎間板ヘルニアの疑いと診断され、今後の治療や流れについて弁護士に相談したいということで当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

また、男性は兼業主夫として家事と仕事を両立されていました。

ご依頼後から解決まで

ご依頼いただいた時点ですでに治療費の打ち切りとなっていたものの、症状が継続していたため、ご本人には自費での通院していただき、その間に事故日からの診断書をすべて取り寄せ、怪我の内容や治療内容を具体的に把握し、確認しました。

その後、事故から約8ヵ月で症状固定とし、後遺障害申請を行った結果、併合14級の認定を受けました。

この結果を元に、加害者の保険会社と交渉を行いました。

交渉においては、特に休業損害と傷害慰謝料が争点となりましたが、被害者の生活環境等の事情を細かく主張し、粘り強く交渉を行った結果、主夫としての休業損害が認められ、最終的に350万円の補償を受けることができました。

詳細は以下のとおりです。

逸失利益 124万円
休業損害 26万5000円
傷害慰謝料 99万円
後遺障害慰謝料 105万円
最終支払額 350万円

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由