相談者 男性:50代 / 福岡県在住 / 職業:作業員
事故態様 原付バイク対自動車の原付バイク側
傷病名 右手関節打撲傷・肋骨骨折・右肘打撲傷
後遺障害等級 14級9号

賠償金額

金額 約416万円(治療費除く・自賠責保険金等含む)

事故発生からご依頼まで

福岡県在住の50代の男性作業員が、原付バイクに乗り交差点で停車中、スマホを操作して前方不注視の車に追突され、肋骨骨折、手関節・肘の打撲傷などの怪我を負う交通事故に遭われました。

被害者様は事故後、約10ヵ月程通院を続けたものの、右手関節の痛みやしびれなどの後遺症に悩まされ、「これ以上、回復しないのではないか」と考え、後遺障害の申請をサポートしてほしいと当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

弁護士の活動と関与した結果

ご相談のご予約の段階で後遺障害申請を行いたいと伺っておりましたので、相談・ご依頼時に後遺障害申請のために必要な書類一式をお渡しし、準備を開始しました。

また、それと並行して相手方からは事故資料の収集、慶事記録の取り寄せなどを行い、ご依頼から約2ヵ月で後遺障害申請に必要な書類が全て揃ったため、申請を行いました。

その結果、ご本人が訴えていた右手関節の痛み等の症状などで後遺障害14級9号が認定されました。

認定後、加害者の保険会社との示談交渉を行い、当初は裁判基準よりも低い金額を提示されたものの、本件事故と類似する裁判例を探して相手方に提示するなど、粘り強く交渉を行った結果、約416万円の補償をうけることで解決となりました。

お客様アンケート

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由