相談者 男性:20代 / 田川市在住 / 職業:大学生
事故態様 バイク対自動車のバイク側
傷病名 肩の剥離骨折
後遺障害等級 12級5号

主な損賠項目と賠償金額

傷害部分慰謝料 31万円→80万円
後遺障害逸失利益 0円→647万円
後遺障害慰謝料 224万円→290万円
総賠償額 255万円→923万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 被害者は片側1車線道路をバイク(250cc)で直進中、左手の住宅から右折しながら発進してきた車に衝突され、鎖骨骨折の怪我を負われました。

 事故後、治療や通院リハビリを続けたもの鎖骨に著しい変形が残り、後遺障害12級5号の等級認定を受けていました。

 後遺障害等級が事前認定され、相手方保険会社から示談額の提示がありましたが、逸失利益(後遺障害による将来の収入減少)が算定されていないことや、慰謝料について妥当な金額であるか不安な点があるので、弁護士に依頼して、妥当な示談金を受け取りたいとのご相談でした。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼頂いてすぐに損害計算書を作成し、相手方保険会社へ当方の提示をお送りしました。

 鎖骨の変形障害については、変形自体が将来の労働能力に影響をきたすものではわけではないとして、逸失利益を認めないケースもあります。

 今回、被害者様に残存した鎖骨変形については、変形だけではなく、これに伴う疼痛もあったため、この点を指摘し、一定金額の逸失利益を補償してもらう形となりました。

 また、慰謝料についても裁判所基準満額での回答となり、ご依頼を頂いてから約1ヵ月でのスピード解決となりました。

弁護士桑原の所感(解決のポイント)

弁護士桑原淳

 鎖骨の変形障害の逸失利益については、労働能力への影響を認める裁判例や、反対に全く認めない裁判例もあります。

 鎖骨の変形障害により具体的にどのような支障が生じているのかを丁寧に主張していくことが重要です。

 今回は、無事に適正な金額での示談となり、また、解決まで約1か月と早期に解決できた点が良かったです。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由