相談者 60代女性 / 福岡県在住 / 主婦
事故態様 歩行者対自動車の歩行者側
傷病名 脳震盪、腰椎突起骨折等
後遺障害等級 14級9号

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 168万円
後遺障害逸失利益 82万円
後遺障害慰謝料 99万円
休業損害 101万円
その他 入院雑費:10万円・通院交通費:9万円
総賠償額 472万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県筑紫野市在住の60代の主婦の女性が横断歩道を青信号で横断中、右折車に衝突されるという交通事故に遭われ、脳震盪、腰椎突起骨折等の怪我を負われました。

事故後1週間ほど経過したタイミングで入院中の女性に変わり、娘様より「今後の保険会社との対応についてアドバイスが欲しい」とご相談いただきました。

相談後、一度検討のために持ち帰っていただき、被害者であるお母様と話し合われた結果、当事務所にご依頼いただくこととなりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいたのが事故後間もなく、まだ退院の目処もたっていない時期だったので、まずは治療に専念していただきました。

しかし、事故から2か月経過したタイミングで、「日常生活を送れるようになったからもう治療は必要ないだろう」と保険会社から治療終了を打診されました。

まだ骨折した骨がつながってもいない状況であったため、治療継続の交渉を行いました

その後、半年ほど治療を続けていただいた後、症状固定とし、後遺障害の申請へと移りました。

後遺障害等級認定サポートの結果、無事、14級9号の後遺障害が認定されました。

後遺障害の認定後、保険会社との交渉を開始し、当初、保険会社は休業損害と逸失利益の支払いを渋っていたものの、粘り強く交渉を続け、休業損害は101万円、逸失利益については82万円の補償を受けることができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由