相談者 女性(70代) / 福岡市在住 / 職業:兼業主婦
事故態様 歩行者対自動車の歩行者側
傷病名 右足関節開放性脱臼骨折等
後遺障害等級 非該当

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 300万円
休業損害 65万円
その他 入院雑費:19万円・通院付添費:14万円・その他:26万円(親族の交通費含む)
総賠償額 424万円(治療費含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡市在住の70代の兼業主婦の女性が、信号機のある交差点を青信号で横断していたところ、右折してきた車に衝突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で右足の関節開放性脱臼骨折等の怪我を負われました。

事故直後から入院されていましたが、県外にお住まいのご家族より今後の保険会社とのやり取りについてを弁護士に任せたいとご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

今回の交通事故の原因調査は、外部機関である調査会社が行うこととなりました。

調査会社とのやりとりは当事務所が代理となり、ご依頼者様には治療に専念いただきました。

その後、治療も終了し、調査結果の報告も踏まえ、加害者側保険会社に対し損害賠償請求を行いました。

また、女性には事故当時、介護が必要なご主人様がご自宅にいらっしゃいましたが、入院中に亡くなられてしまい、自責の年に駆られ大きな精神的苦痛を感じられたという経緯がありました。

そのため、請求する損害賠償額には、この精神的苦痛を考慮した金額を計算し、その他県外にお住まいのご家族のお見舞いにかかる交通費や休業損害等を提示しました。

何度かの交渉を経た結果、傷害慰謝料には上記の精神的苦痛が考慮され、裁判基準以上の金額が認められ、最終的に424万円の補償を受けることができました。

交通事故によって、被害者ご本人ばかりか、ご家族の生活までもが大きく変わってしまうことは多くあります。

そのような場面で、弁護士としてできる限りのサポートをしていくことが重要であると改めて感じた事案でした。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由