相談者 60代男性 / 福岡県在住 / 自営業
事故態様 自動車対自動車
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害等級 併合14級

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約80万円
後遺障害慰謝料 約100万円
逸失利益 約27万円
休業損害 約28万円
最終支払額 約300万円(治療費含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県筑紫野市在住の自営業の男性が、信号のない交差点の優先道路側を自動車で走行していたところ、非優先道路側より減速せずに進入してきた自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負われました。

以前、親族が当事務所にご依頼いただいていたため、保険会社との車や怪我の補償についての交渉を任せたいとご依頼いただきました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいたのが事故後間もなかったため、まずは治療に専念していただき、当事務所も平行してこれまでの経過の診断書等を全て取り寄せ、怪我や治療の具体的な内容を確認するとともに、車の修理代についての交渉を進めました。

無事、物損の示談が完了したタイミングで怪我の治療も症状固定となり、後遺障害の申請へと移りました。

後遺障害の申請の結果、ご本人が訴えていた首・腰の痛みについて、それぞれ後遺障害14級が認定されました。

認定後、保険会社との示談交渉に移り、粘り強く交渉を行った結果、裁判せず約300万円の補償を受けることができました。

お客様の声

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由