相談者 女性(40代) / 福岡県在住 / 兼業主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害等級 併合14級

主な損賠項目と賠償金額

傷害部分 約260万円
後遺障害部分 約180万円
最終支払額 約440万円(治療費含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県在住の40代の兼業主婦の女性が、路上でハザードランプを点け停止していたところ、右側をすり抜けた後続車から衝突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で、頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負われました。

事故後6ヵ月程治療のため通院をしていましたが、保険会社から治療の打切りを打診されました。

しかし、痛みがまだ残っており、まだ治療は続けたいというご希望があり、付き合いのある保険代理店へ相談したところ、当事務所をご紹介いただきました。

その後、ご来所いただき、「治療についてや、今後の交渉などを任せたい」とご依頼いただくことになりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、すぐに保険会社と交渉し、治療の延長をすることが認められました。

しばらく治療を続け、再度保険会社から打切りを打診されたものの、ご本人が痛みを訴えられていたため、治療の延長・MRIの撮影などを交渉し、認めてもらうことができました。

その後も治療をつづけたものの、痛みがなくならないことから後遺障害の申請をすることにし、申請の結果、首や腰の痛みについて後遺障害併合14級が認定され、その結果をもとに保険会社と示談交渉に移りました。

示談交渉の結果、兼業主婦としての休業損害や逸失利益が考慮され、裁判をせずに適正な金額まで増額し、最終的に治療費を含み、約440万円の補償を受けることができました。

お客様の声

お客様の声20190614掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由