相談者 女性(40代) / 福岡県在住 / 主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 外傷性頚部症候群・腰椎捻挫等
後遺障害等級 併合14級

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 96万円
後遺障害慰謝料 88万円
逸失利益 67万円
休業損害 34万円
最終支払額 305万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県福岡市在住の40代の主婦の女性が、自動車を運転中、信号が赤になったため停車しました。

すると、後方より直進してきた車に衝突されるという交通事故に遭い、外傷性頸部症候群、腰椎捻挫等の怪我を負われました。

事故後6ヵ月程治療のため通院をされていたものの、痛みが残っていたため、通院継続を希望され、また、保険会社とのやり取りが不安であったため弁護士にサポートをしてほしいと当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後いただいた時点ではまだ痛みが残っている状況でしたので、まずは治療に専念していただきました。

ご依頼から2ヵ月ほど治療を続けられたものの、残念ながら首や腰に痛みが残り、これ以上治療しても症状の改善が見込めなため症状固定となりました。

その後、適切な書類の準備を行い、後遺障害の申請を行った結果、痛みの残っていた首と腰についてそれぞれ14級9号の後遺障害が認定され、併合14級の認定を受けました。

認定後の示談交渉では、毎日の家事労働に具体的にどういう支障が出ているかを説明し、粘り強く交渉を続けた結果、主婦としての休業損害が認められ、最終的に自賠責保険金も含め、305万円の補償を受けることができました。

お客様の声

お客様の声20190628掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由