相談者 50代女性 / 福岡県在住 / 専業主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫等
後遺障害等級 14級9号(事前認定)

主な損賠項目と賠償金額

後遺障害慰謝料 100万円
逸失利益 82万円
最終支払額 182万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県久留米市在住の50代の専業主婦の女性が、自動車を運転中、信号のある交差点で赤信号のため停車したところ、後方からきた車に衝突されるという交通事故に遭われました。

被害者は、この事故で頚椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負われました。

保険会社を通じて後遺障害の申請をした所、14級9号が認定されましたが、この等級が果たして適正なのかと疑問を持ち、当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご相談に段階で既に後遺障害の認定を受けられていたため、その妥当性を調べるべく、保険会社からこれまでの診断書などの書類を取り寄せ、細かく検討を行いました。

ご本人が感じている症状や生活への支障が漏れなく書類に反映されているかを聞き取った上でご本人とも協議し、14級9号という認定は妥当という判断に至りました。

後遺障害の等級の検討を終え、加害者の保険会社との示談交渉へと移りました。

交渉では、被害者が専業主婦であったため、逸失利益が争点となりました。

そのため、今回の事故による怪我の影響で生活にどのような支障・変化が生じているかを細かく説明し、粘り強く交渉を続けた結果、裁判を行った場合と同等の金額が認められました。

最終的には、逸失利益・後遺障害慰謝料のどちらにおいても適正な金額で補償を受けることができました。

お客様の声

お客様の声20190726

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由