相談者 70代男性 / 大分県在住 / 専門職
事故態様 自転車対自動車の自転車側
傷病名 外傷性くも膜下出血、脳挫傷、急性硬膜下血腫等
後遺障害等級 1級1号

主な損賠項目と賠償金額

後遺障害慰謝料 2800万円
逸失利益 6100万円
慰謝料 260万円
休業損害 600万円
将来介護費 6000万円
成年後見人費用 520万円
最終支払額 1億7000万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

大分県在住の専門職の男性が、自転車で路側帯を走行していたところ、後方から走行してきたトラックに衝突されるという交通事故に遭われました。

事故後、意識不明の重体となり、救急搬送され、一命は取り留めたものの、遷延性意識障害、左半身片麻痺、高次脳機能障害等の重度の後遺症が残ってしまう大怪我を負われました。

ご家族より、相手保険会社の対応や今後の示談交渉等、弁護士に一任したいとご相談され、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、被害者の現状を把握するために、被害者の方が入院されている病院に面談に伺いました。

その際、ご家族の方々と面談も行い、今後の方針や流れをご説明するとともに、主治医とも面談を行いました。

ご依頼いただいたのが事故後半年ほど経過しており、残念ながらこれ以上の改善は見込めないとのことでしたので、後遺障害申請の準備を開始しました。

準備が整い、後遺障害を申請した結果、後遺障害1級1号が認められました。

認定後、保険会社との交渉を開始しました。

交渉では、将来介護費と過失割合が争点となりましたが、将来介護費は当方の請求が認められ、過失割合については警察が作成した実況見分調書に基づき、判例調査をしたうえで交渉し、被害者に過失はないということになりました。

最終的には、裁判をすることなく1億7000万円という適切な賠償額を受け取ることができました。

弁護士は、適切な賠償額を受領していただくという点でしか被害者ご本人やご家族のお力になれませんが、最終的には適切な賠償額を受領することができて本当に良かったです。

高次脳機能障害の専門サイトはこちら

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由