相談者 60代女性 / 長崎県在住 / 主婦
事故態様 歩行者対自動車の歩行者側
傷病名 半月板損傷・脛骨外側骨挫傷等
後遺障害等級 12級7号

主な損賠項目と賠償金額

後遺障害慰謝料 290万円
傷害慰謝料 178万円
逸失利益 547万円
休業損害 400万円
その他 入院雑費:6万円・通院交通費:18万円
最終支払額 1324万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

長崎県佐世保市在住の女性が、歩道付近で作業中、駐車のためにバックしてきた自動車に衝突されるという交通事故に遭われました。

衝突の衝撃で、右外側円板状半月板損傷、右脛骨外側骨挫傷、右膝関節打撲傷等の怪我を負われました。

事故から7ヵ月ほど治療を継続しているものの、痛みが残っており、また、その間に仕事も休んでしまってるため、後遺障害の申請についてと休業補償について相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、まずは治療に専念していただきました。

ご依頼から2ヵ月ほど経過した頃、保険会社から休業損害の支払いを止めるとの通告があったものの、担当医師の見解を確認し、治療継続の必要性や仕事復帰の困難さを説明し、休業損害の支払い対応延長に成功しました。

その後も治療を続け、事故から1年ほど経った頃に症状固定とし、当事務所サポートのもとで後遺障害申請を行いました。

その結果、膝の機能障害について12級7号が認定されました。

認定後、保険会社との示談交渉を開始しましたが、半月板損傷は交通事故とは無関係と主張し、当方が請求した金額を大きく下回る400万円程度しか支払わないとしたため、裁判へと移行し、最終的には裁判所から当方の主張が全面的に認められた和解案が出され、1100万円の補償を受けていたくことができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由