相談者 80代女性 / 福岡県在住 / 主婦
事故態様 歩行者対自動車の歩行者側
傷病名 右足関節脱臼骨折
後遺障害等級 14級9号

主な損賠項目と賠償金額

後遺障害慰謝料 99万円
傷害慰謝料 193万円
逸失利益 53万円
休業損害 124万円
その他 28万円(入院雑費:19万円・付添費:9万円)
最終支払額 475万円(治療費除く・自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県在住の80代の女性が横断歩道のない道路を横断中、停車中のバスを追い越そうとした車に衝突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で左足関節脱臼骨折の怪我を負われました。

骨をボルトで固定する手術を受け入院中、ご子息より弁護士に依頼した場合の費用やメリット、今後どうすればいいのかを相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいた時点ではまだ入院中とのこともあり、まずは治療に専念していただくこととしました。

事故から約1年4ヵ月ほど経過した時点で症状固定とし、必要な書類の収集を経て後遺障害の申請へと移りました。

その結果、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号の後遺障害が認められました

認定後、保険会社との示談交渉へと移りましたが、保険会社は頑なな姿勢を見せ支払いを渋っていました。

被害者の事故前後の生活状況の変化や事故で受けた不利益などを粘り強く主張し、最終的には475万円という提示を引き出すことができました。

慰謝料の金額については、裁判基準よりも若干減額した形だったため、裁判という選択肢もありましたが、早期に事故のことを解決したいというご本人様の意向もあり、裁判をせず示談により解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由