相談者 30代女性 / 古賀市在住 / 主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級 併合14級

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 【ご依頼前】36万円 → 【ご依頼後】68万円(32万円増額
後遺障害慰謝料 【ご依頼前】40万円 → 【ご依頼後】88万円(48万円増額
最終支払額 【ご依頼前】160万円 → 【ご依頼後】230万円(70万円増額

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県古賀市在住の兼業主婦の30代の女性が、車で走行中、前方を走っていたトラックから落ちてきた積載物に衝突するという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負われました。

事故から約8ヵ月ほど通院し治療を行ってきましたが、首や腰の痛みが残ってしまい、これ以上治療しても改善が見込めないため、症状固定とし後遺障害の申請を行った結果、併合14級が認定されました。

認定後、保険会社から示談金額の提示があったものの、適正な金額かわからず、交渉を任せたいとご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいてからすぐに、慰謝料などの損害額を計算し直し、適正な金額を算出した上で保険会社へ提示しました。

その後、数度の交渉を経て、40万円程増額した金額を提示され、これ以上は裁判をしない段階では増額できないと回答がありました。

そこで、ご依頼者様に当方から裁判をした際のメリットやリスク、必要な期間を丁寧にご説明した上でご検討いただき、今回は裁判は行わないという方針となりました。

最終的に、粘り強く交渉した結果、提示額から70万円の増額が認められ、解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由