相談者 30代男性 / 糟屋郡在住 / 会社員
事故態様 自動車対自動車
傷病名 両膝打撲傷、両下腿打撲傷、頚椎捻挫、めまい発作
後遺障害等級 14級9号

主な損賠項目と賠償金額

 

慰謝料 200万円
後遺障害慰謝料 110万円
逸失利益 70万円
最終支払額 265万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県糟屋郡在住の30代の男性会社員が、車で丁字路を走行中、ノーブレーキで右折してきた車に衝突されるという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で両膝打撲傷、両下腿打撲傷、頚椎捻挫、めまい発作などの怪我を負われました。

事故後、怪我の治療が必要であるにも関わらず、保険会社が初診以降の治療費の支払いを拒否されたことに困り果て、当事務所にご相談・ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、まずは怪我の治療に専念いただきました。

その間に診断書などの資料を取り寄せ、怪我の状況を確認しつつ、保険会社と治療費の支払いについて複数回交渉したものの、支払いの意思を見せていただけませんでした。

そのため、病院に治療費の支払いを長期間に渡り猶予していただく等ご協力いただけたため、被害者には治療を継続していただくことができました。

事故から1年ほど経過したタイミングで症状固定となり、後遺障害の申請を行った結果、14級9号の認定を受けることができました。

後遺障害の認定後、保険会社との交渉へと移りました。

事故により負った怪我であり、治療の必要性があったことを立証し、治療費の支払いを全額認めさせるとともに、これまでのずさんな対応を指摘し交渉したことで、こちらの請求額のほぼ全額が補償されることで解決となりました。

お客様アンケート

お客様アンケート

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由