相談者 50代男性 / 福岡県在住 / 整体師
事故態様 自転車対自動車の自転車側
傷病名 右鎖骨骨幹部骨折、右鎖骨変形治癒骨折、右肩関節拘縮
後遺障害等級 12級

主な損賠項目と賠償金額

 

休業損害 87万円
傷害慰謝料 68万円
後遺障害慰謝料 100万円
逸失利益 【ご依頼前】295万円 → 【ご依頼後】643万円(348万円増額
最終支払額 【ご依頼前】550万円 → 【ご依頼後】898万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県筑後市在住の50代の男性が、自転車で自宅から職場へ通勤中、後方から走行してきた車を避けようとハンドルをきったところ、バランスを崩して転倒し、車と衝突するという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で右鎖骨骨幹部骨折、右鎖骨変形治癒骨折、右肩関節拘縮などの怪我を負われました。

加害者はそのまま逃げてしまったため、被害者が加入されていた人身傷害保険で治療費などの支払いを対応しており、症状固定のタイミングで当事務所にご相談いただきました。

弁護士の活動と関与した結果

ご相談時に聞き取った症状等から、後遺障害が認定される可能性は非常に高いと思われたものの、人身傷害保険との交渉では弁護士費用特約が使えず、費用が自己負担になってしまうことから後遺障害が認定されてから正式にご依頼いただきました。

ご依頼後、保険会社から届いた支払い保険金を確認し検討したところ、逸失利益の算定に必要な基礎収入額と労働能力喪失期間が人身傷害保険の約款規定の数字よりも低いことがわかりました。

そのため、本来補償されるべき数字を保険会社へ指摘し、間違いを認めていただくことで数字の訂正がなされました。

また、被害者の後遺症の内容と仕事や生活に与える影響を具体的に主張し、事故前後の収入の増減等を示した結果、労働能力喪失期間は当初の5年から10年へと変更が認められ、約350万円増額することで解決となりました。

お客様アンケート

お客様の声

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由