相談者 20代男性 / 福岡県在住 / 会社員
事故態様 自動車対自動車
傷病名 左膝骨開放骨折・頚椎捻挫
後遺障害等級 併合12級

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 170万円
後遺障害慰謝料 290万円
逸失利益 620万円
休業損害 9万円
通院交通費 16万円
最終支払額 1,280万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県在住の20代の男性会社員が、車で片側1車線の道路を走行してたところ、センターラインオーバーの対向車に正面衝突されるという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で左膝骨開放骨折、頚椎捻挫などの怪我を負われました。

事故後、5ヵ月ほど治療を続け、将来的に後遺障害の申請や保険会社との交渉を弁護士にお願いしたいとのことでご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、まずは怪我の治療に専念いただきました。

その間に診断書などの資料を取り寄せ、怪我の状況を確認しつつ、通院期間や後遺障害申請のタイミングについて検討を行いました。

加害者の保険会社からは、事故から半年ほど経過した頃から後遺障害の申請を勧められましたが、ご本人の怪我の症状を踏まえ、1年2ヵ月ほど経過した時点で症状固定とし、後遺障害の申請を行いました。

その結果、左膝関節に残存した痛みについて12級の認定を受けることができました。

後遺障害の認定後、保険会社との交渉へと移り、裁判基準での慰謝料の賠償を受けることができ、休業損害・逸失利益についても適切な金額での賠償を受けることができました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由