相談者 50代女性 / 宮若市在住 / 兼業主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 頚椎捻挫
後遺障害等級 14級9号

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 約85万円
後遺障害慰謝料 約100万円
休業損害 約47万円
逸失利益 約81万円(労働能力喪失期間:5年、労働能力喪失率:5%)
最終支払額 約320万円※治療費除く

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県宮若市在住の50代の女性が、知人の運転する車に同乗中、赤信号で停車したところに後方から走ってきた車にノーブレーキで追突されるという交通事故に遭われました。

女性はこの事故で頚椎捻挫などの怪我を負われました。

事故後、6ヵ月ほど通院をしたものの、症状が改善されなかったため、後遺障害の申請を検討していたところ、加害者の保険会社から示談交渉の連絡が来たため、相談していた保険代理店の方にご紹介いただき、当事務所にご相談・ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、後遺障害に必要な書類をお伝えし、準備をお願いしました。

その間に、保険会社からこれまでの診断書などの資料一式を取り寄せ、怪我の状況の確認を同時進行で行いました。

その後、資料の準備が整い、後遺障害の申請を行ったところ、「将来においても回復が困難と見込まれる障害」と捉えられ、後遺障害14級9号が認定されました。

後遺障害の認定後、保険会社との交渉へと移りました。

ご依頼者は兼業主婦で仕事と家事を両立されていたので、休業損害については欠勤や遅刻といった会社員としての損害に加え、家事労働分についても請求し、そのどちらも補償を受けることができました。

また、逸失利益については主婦として請求し、女性の平均賃金を基礎収入とするよう交渉を行った結果、パート収入以上の賠償を受けることができ、最終的に約320万円の補償をうけ、解決となりました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由