相談者 男性(40代) / 福岡市在住 / 職業:会社員
事故態様 バイク対自動車のバイク側
傷病名 頭部打撲、左眉下部切創、胸部打撲傷、外傷性頚部捻挫、左大腿打撲傷
後遺障害等級 12級14号

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 62万円
後遺障害慰謝料 296万円
休業損害 3万円
最終支払額 374万円(治療費除く・自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡市在住の会社員の男性が、バイクで交差点を青信号のため走行中、交差点内で道路を塞いでいた車に衝突し、転倒する交通事故に遭われました。

男性はこの事故で頭部打撲、胸部打撲傷、左眉下部切創、外傷性頚部捻挫、左大腿打撲傷を負われ、顔に傷痕が残ってしまいました。

事故後、治療が終わりそうなタイミングで、顔の傷について後遺障害の申請をしたいのでサポートしてほしいと保険代理店の方に当事務所をご紹介いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいた時点で、治療はほぼ終わっていたためこれまでの診断書などの必要書類を相手方保険会社より取り寄せ、後遺障害の申請準備を開始しました。

それと同時進行で、ご依頼者には病院で作成される後遺障害診断書などの書類をご準備いただけたため、比較的スムーズに後遺障害の申請を行うことができました。

また、今回は顔の傷についての後遺障害申請であったため、調査機関が実際に傷を確認するための面接があったため、弁護士が同行し、サポートを行いました。

その結界、「外貌に醜状を残すもの」として後遺障害12級14号が認定されました。

認定後、保険会社との交渉に移り、開始からわずか3日ほどでこちらの主張が認められ、最終的に374万円を受けることで示談解決となりました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由