相談者 男性(30代) / 福岡県糟屋郡在住 / 職業:会社員
事故態様 自動車対自動車(追突事故)
傷病名 頚椎捻挫・腰部打撲傷・背部打撲傷・両肩関節打撲傷等
後遺障害等級 14級

主な損賠項目と賠償金額

 

傷害慰謝料 83万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 172万円
最終支払額 355万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県糟屋郡在住の会社員の男性が、自動車を運転中渋滞のために停車したところ、後続車についとつされる交通事故に遭われました。

男性はこの事故で頚椎捻挫、腰部打撲傷、背部打撲傷、両肩関節打撲傷等の怪我を負われました。

事故後半年ほど通院を続けていたものの、なかなか症状が改善せず、後遺障害の申請を検討されたタイミングで当事務所にご相談いただきました。

車両の損傷状況を確認させていただくと、車両は大きく損傷しており衝撃はかなり大きなものだったと予測されたため、首や腰に後遺障害が残る可能性があること、今後の流れ等をご説明し、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、症状固定日をご本人と打ち合わせさせていただき、同時にこれまでの経過がわかる診断書などを取り寄せ、医師にご作成いただいた後遺障害診断書の内容を確認するなどした後、後遺障害の申請を行いました。

後遺障害の申請を行った結果、「局部に神経症状を残すもの」として14級の認定を受けることができました。

認定後、保険会社との交渉に移り、傷害慰謝料・後遺障害慰謝料・逸失利益の額が争点となりました。

保険会社の最初の回答では、傷害慰謝料・後遺障害慰謝料ともにこちらが請求した金額の8割程度であったので、粘り強く交渉を続けた結果、請求額に近い金額まで増額することができ、逸失利益については請求額満額の補償を認めてもらうことができました。

最終的に、裁判をした場合に想定される金額に近い額まで増額することができたため、ご依頼者様との打ち合わせののち、今回は裁判することなく示談で解決となりました。

後遺障害申請は加害者の保険会社に手続きを代行してもらうこともできますが、その場合、必要最低限の申請書類しか揃えてくれないこともあり、適正な結果とならない可能性があります。

適正な後遺障害の認定を受けるためには、必要な書類を添付することで結果が大きく変わるため、まずは弁護士にご相談されることをおすすめします。

お客様の声

お客様の声

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由