相談者 男性(50代) / 福岡県筑紫野市在住 / 職業:自営業
事故態様 自動車対自動車
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫等

主な損賠項目と賠償金額

 

 

傷害慰謝料 90万円
後遺障害慰謝料 105万円
逸失利益 40万円(労働能力喪失期間:5年、労働能力喪失率:5%)
最終支払額 240万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県筑紫野市在住の50代の男性が自動車を運転中、信号待ちのため停車していたところに後続車に追突される事故に遭われました。

男性はこの事故で後頚部打撲・頚椎捻挫・腰椎捻挫・末梢神経障害性疼痛・脊柱管狭窄症の疑い等の怪我を負われ、救急搬送されました。

事故後、整形外科に通院して治療を行っていましたが、これ以上症状が改善する見込みがなくなった段階(症状固定といいます)で治療終了とし、後遺障害の申請を検討されていたところ、保険代理店から当事務所をご紹介いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいた時点ですでに治療は終了しており、症状が残ってしまっていること、整骨院ではなく整形外科に月に10日以上通院されていたことから、後遺障害の認定の可能性が高いと判断し、申請の準備にとりかかりました。

同時に、認定結果が下り次第、スムーズに保険会社との交渉に移れるように治療費や交通費の計算などを進めました。

その後、申請の結果、首・左上肢のしびれの症状について、後遺障害14級9号が認められました。

認定後は、こちらから請求する金額をご依頼者さまとも協議の上確定し、速やかに保険会社との交渉に移りました。

近年の傾向として、保険会社が交渉の段階で認める慰謝料の金額は裁判所の基準の約8〜9割程度が多いのですが、本件においては、交渉の結果、後遺障害慰謝料は9割5分、傷害慰謝料は6か月分のほぼ満額が補償されるという結果となりました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由