相談者 男性(40代) / 北九州市八幡西区在住 / 職業:会社員
事故態様 原付バイク(被害者)対自動車(加害者)
傷病名 左鎖骨骨幹部骨折、左外傷性難聴、左顔面神経麻痺、外傷性くも膜下出血等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約130万円
後遺障害慰謝料 約420万円
逸失利益 約1350万円
休業損害 約200万円
最終支払額 約2100万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 40代の北九州市八幡西区在住の男性(会社員)が、バイクを運転して国道バイパスを直進していたところ、側道から合流してきた四輪車が、依頼者の運転するバイクに気が付かず衝突するという事故に遭いました。

 この事故によって左鎖骨骨幹部骨折、左外傷性難聴、左顔面神経麻痺、外傷性くも膜下出血等の怪我を負い、入院・治療を余儀なくされました。

 事故に遭って3か月ほど経ったところでご相談にご来所されました。

 ご相談にご来所された当時、依頼者は今回の事故で入院を余儀なくされ、仕事を休まざるを得ない日もありました。

 そのため、休業損害や賞与減額の請求についても弁護士にお願いしたいとのことでした。

 また、治療終了後には後遺障害の申請もしたい、相手の保険会社の対応が悪い等、様々な不安があり、今後のことをすべて弁護士に依頼したいというご相談でした。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼を受け、まずは相手方保険会社との窓口をすべて当事務所で引き受け、依頼者には治療に専念いただくことにしました。

 治療期間中は、休業損害や賞与の減額分の内払い交渉を行い、生活に支障が出ないようにサポートを行いました。

 治療終了後、後遺症が残存していたため、当事務所で後遺障害の申請(被害者請求)を行うこととし、必要な資料を収集し、申請を上げました。

 後遺障害の申請の結果、併合11級の後遺障害が認定され、当該後遺障害を前提に、相手方と示談交渉を行いました。

 最終的には依頼者が総額約2100万円を受け取ることで合意が成立し、示談での解決となりました。

担当弁護士の所感

 依頼者は今回の事故で重傷を負い、ご相談に来られた時点でもまだまだ治療に終わりが見えず、仕事復帰もすぐにはできそうにない状況でした。

 いろいろなご不安を抱えられた中でのご相談だったと思いますが、まずは安心して治療に専念できる環境を整えること、そして、万が一後遺症が残る場合にはきちんとした補償を受け取っていただくことを念頭においてご依頼をお受けいたしました。

 最終的には、後遺症が残り、依頼者にも辛い状況でしたが、後遺障害認定から2週間で示談金額の合意に至り、正当な補償を受け取ってもらうことができました。

お客様の声

お客様の声

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由