相談者 男性(40代) / 大分県大分市在住 / 職業:会社員
事故態様 歩行者(被害者)対自動車(加害者)
傷病名 外傷性くも膜下出血、脳挫傷、びまん性軸索損傷等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約350万円
後遺障害慰謝料 約2020万円
逸失利益 約8500万円
休業損害 約1175万円
近親者慰謝料 1000万円
将来介護費・介護雑費 約4760万円
最終支払額 約1億7300万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 大分県大分市在住(事故当時)の会社員の男性が徒歩で帰宅中、前方から走行してきた脇見運転の車に撥ねられるという交通事故に遭い、病院へ救急搬送されそのまま入院を余儀なくされました。

 入院時には会話が可能でしたが、徐々に意識を失われ、全身麻酔で手術を行い、外傷性くも膜下出血、脳挫傷、びまん性軸索損傷等と診断され、入院を継続したまま手術を繰り返している状況でした。

 事故から2か月ほど経過した頃、奥様より今後どうしたらいいかわからないとご相談いただき、ご依頼いただくこととなりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼後、まずは奥様が安心して男性の看護に集中していただけるよう、男性の勤務先へ労災使用の連絡を行い、必要書類や手続きを全て当事務所で対応させていただき、同時進行で後遺障害の申請に必要な書類の収集や検討を行い、症状固定となったらすぐに申請に移行できるよう準備を進めました。

 事故から1年7か月ほど経過した頃に相手の保険会社より症状固定の打診がありましたが、主治医からは症状の改善が見込めるとの見解を示していただき、奥様お気持ち等を踏まえ治療期間の延長を交渉し、最終的に1年11か月が経過した時点で症状固定となり、後遺障害の時点認定の手続きを依頼しました。

 事前認定の結果、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」として後遺障害1級1号が認定されました。

 後遺障害の認定後の保険会社との交渉では、男性側に15%の過失があるという主張を受けたものの、交渉によって過失0を認めさせ、最終的に初回提示よりも約5500万円増額した1億7300万円が補償されることで示談解決となりました。

 将来の介護費は裁判した場合と同程度の金額が認められ、示談となったことで裁判をした場合よりも早期に解決できたことで依頼者の希望に最大限沿うことができ、よかったです。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由