相談者 女性(30代) / 福岡市在住 / 職業:主婦
事故態様 自動車対自動車
傷病名 右前胸部打撲、右第3第4肋骨骨折、左第9肋骨骨折、外傷性頸部症候群、両肩関節捻挫、背部挫傷、腰椎捻挫

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約123万円
後遺障害慰謝料 約110万円
休業損害 約54万円
逸失利益 約82万円
最終支払額 約447万円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡市在住の30代の女性が優先道路を走行中、右側から突然飛び出してきた車に衝突され、衝撃で電柱にも衝突するという交通事故に遭われました。

 この事故によって女性は右前胸部打撲、右第3第4肋骨骨折、左第9肋骨骨折、外傷性頸部症候群、両肩関節捻挫、背部挫傷、腰椎捻挫等の怪我を負われました。

 事故から2か月ほど治療を続けていたタイミングで、今後の後遺障害の申請や保険会社との示談交渉を全て弁護士に任せたいと希望され、保険代理店からの紹介で当事務所にご相談いただき、そのままご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼時はまだ治療中でしたので、しばらくは治療に専念いただきました。

 事故から7か月ほど経過した時点で、担当医の見解や本人の症状などから症状固定となり、資料を揃え後遺障害の申請を行いました。

 その結果、身体3箇所にそれぞれ14級9号の後遺障害が認定され、それらを合わせ、併合14級が認められました。

 後遺障害の認定後、保険会社との交渉に移り、後遺症による日常生活や就労での支障、それに伴う精神的苦痛は非常に大きなものであると主張し、逸失利益・後遺障害慰謝料については裁判基準の満額、主婦としての休業損害は約54万円が補償され、最終的に約447万円で示談解決となりました。

 また、裁判をすれば少なくとも1年程は解決までに時間を要する場合が多いですが、今回は示談交渉開始から解決までわずか2週間でのスピード解決となり、金額・期間ともにご満足いただける結果となりました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由