相談者 女性(当時80代) / 福岡市在住 / 職業:無職(年金暮らし)
事故態様 歩行者(被害者)対自動車(加害者)
傷病名 死亡

主な損賠項目と賠償金額

死亡慰謝料 約2300万円
遺族固有の慰謝料 約100万円
逸失利益 約865万円
葬儀費用 約120万円
最終支払額 約3600万円(保険会社提示から2000万円増額)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡市在住の80代の女性が信号のない横断歩道を徒歩で後段中、直進してきた車に衝突されるという交通事故に遭われました。

 この事故によって女性は骨盤骨折、両側多発肋骨骨折、第11胸椎破裂骨折、重症頭部外傷、右外傷性血気胸、出血性ショック及び四肢擦過傷等の大怪我を負われ、救急搬送先の病院で亡くなられました。

 事故から1年ほど経過したころ、女性のご親族から「保険会社から賠償金の提示書面が届き、交渉を弁護士にお願いしたい」と当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼後、必要な書類を集め、本来ご遺族が受けるべき損害額の計算を行った後、保険会社との示談交渉を開始しました。

 しかし、逸失利益は年金部分の金額しか認めず、死亡慰謝料は1600万円・遺族への慰謝料は支払わないという回答があり、ご遺族とも綿密な打ち合わせを行い、ご納得いただいた上で裁判へと移行することとなりました。

 裁判では、被害者がフルタイムで働くご息女と同居しており、掃除等家事の大半を担う兼業主婦であったこと、高齢であったものの健康状態に問題はなく精力的に家事等に取り組んでいたことを主張し、家事部分の逸失利益として約630万円の賠償が認められ、死亡慰謝料として2300万円が認められました。

 また、被害者が亡くなったことにより、同居するご息女の精神的な支障や生活面への影響などを細かく主張し、遺族固有の慰謝料として約100万円が認められました

 保険会社の示談交渉時の最終提示額は1970万円であったのに対し、裁判に移行することで3500万円の和解案が出され、更に増額交渉を行った結果、最終的に3600万円の補償をうけることで解決することができました。

お客様の声

お客様アンケート

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由