相談者 女性(70代) / 福岡県久留米市在住 / 職業:パート
事故態様 歩行者対自動車
傷病名 脳挫傷・左側頭後頭葉の小出血性脳挫傷、頭部裂創、左鎖骨遠位端骨折、右肋骨部・左足関節打撲

主な損賠項目と賠償金額

逸失利益 約1281万円(裁判基準満額)
傷害慰謝料 約181万円(裁判基準の9割)
後遺障害慰謝料 1000万円(裁判基準満額)
休業損害 約214万円
付添費 約42万円
合計額 約2735万円(治療費除く)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県久留米市在住の女性が、青信号を歩行中、左折してきた車に衝突されるという交通事故に遭い、脳挫傷・頭部裂創・左鎖骨遠位端骨折等の大怪我を負われました。

 事故から4か月ほど経過したタイミングで、窓口である旦那様より、当事務所にご依頼いただいていた方のご紹介でご相談いただきました。

 電話でのご相談でしたので、契約書等の書類は郵送でやり取りをさせていただき、ご依頼となりました・

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼いただいた時点では、まだ治療が必要な状況であったため、保険会社との窓口を弊所にお任せいただき、資料等で不明な点は逐一アドバイスをさせていただくなど、少しでも安心して治療に専念いただける環境づくりに努めました。
 
 治療を継続いいただくのと同時進行で、必要書類をこちらで取り寄せ、今後の見通しを立てました。

 約11か月ほど治療を続け、そろそろ症状固定というタイミングで通院していた病院の閉院が決まったため、転院して治療を続けるメリットとデメリットをそれぞれご説明させていただいた結果、最終的には医師と依頼者の方の判断のもと、転院はせず症状固定となりました。

 症状固定後、収集した資料の中でも、より詳細な記述のある診断書を提出し後遺障害申請をした結果、自賠責保険において後遺障害7級4号が認定されました。

 認定後は保険会社との交渉に移り、後遺症を残すほどの大怪我を負われたこと、重い障害を残したまま今後の生活を強いられる被害者本人・ご家族の精神的な苦痛などを主張しました。

 その結果、付添費や慰謝料等が適正な金額が認められ、裁判することなく示談交渉開始から約1か月で示談成立となりました。

お客様の声

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由