相談者 女性(40代) / 福岡市在住 / 職業:主婦
事故態様 自転車対車
傷病名 左脛骨高原骨折、左膝外側半月板損傷

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約175万円
後遺障害慰謝料 約104万円
逸失利益 約82万円(裁判基準)
休業損害 約248万円
合計額 455万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡市在住の主婦の女性が、中央線のない狭い道路を自転車で進行し交差点にさしかかったところ、向かって右側より自動車が来たため停止しました。

 すると自動車も一時停止したため道を譲ってくれたと思い交差点に進入したところ、予期せず車も発進してしまい、衝突されるという交通事故に遭われました。

 衝突の衝撃で自転車ごと転倒し、左脛骨高原骨折、左膝外側半月板損傷等の怪我を負われました。

 事故から約1年4か月ほど治療・リハビリを続けたものの、膝の曲げ伸ばし等の動作に痛みを伴う症状は改善されず、症状固定となりました。

 日常生活においても膝の痛みで支障が出ており、適切な後遺障害の認定を受けるためのサポートをしてほしいと当事務所に電話でご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼いただいた時点で症状固定となっており、すでに後遺障害申請の準備が進められていたため、必要書類を相手の保険会社から取り寄せ精査しました。

 後遺障害診断書については完成したタイミングで一度確認させていただいたところ、自覚症状欄に漏れがあったため、修正いただくようお願いしました。

 その後、すべての資料が揃ったため後遺障害申請を行った結果、膝の痛み等について「局部に神経症状を残すもの」として14級9号の認定を受けることができました。

 認定後は保険会社との交渉に移り、複数回の交渉の末、逸失利益については裁判をした場合に認められる可能性の高い金額と同額、慰謝料についても裁判基準に近い金額の提案を受け、最終的に455万円の補償を受けることで示談することができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由