相談者 女性(40代) / 福岡市在住 / 職業:主婦
事故態様 車対車
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 90万円
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準)
逸失利益 約70万円
休業損害 約35万円
合計額 約265万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡市在住の主婦の女性が、お子様2名を載せ車を運転中、青信号のためT字路に進入したところ、右側より一時停止を無視しノーブレーキで走行してきた車に衝突されるという交通事故に遭われました。

 女性は頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負い、事故後3週間ほど通院による治療を続けられていましたが、交通事故に遭うのが初めてで、今後どうすればいいのかわからないという不安から当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 事故後、女性は一貫して手足の痺れを訴えていたため、まずは治療に専念していただくこととなりました。
 
 その間、未解決であった物損の解決をするためにドライブレコーダーの画像を共有いただき、過失を検討しました。

 その結果、ご依頼からわずか1週間で物損はスムーズに解決することができました。

 事故より5か月、6か月と治療を継続していただく中で保険会社より治療状況の確認がありましたが、継続的な痺れの症状とまだ治療が必要だという医師の判断を伝え、最終的に7か月間しっかりと治療を受けていただくことができました

 その後、症状固定となったタイミングで後遺障害の申請を行い、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号の認定を受けることができました。

 認定後は保険会社との交渉に移り、初回の提示は典型的な任意保険基準で算出された低い金額であったため、こちらから裁判基準で計算した金額を提示し、粘り強く交渉を行いました。

 最終的に傷害慰謝料は裁判基準の9割、後遺障害慰謝料が裁判基準、労働能力喪失期間が4年の回答を引き出すことができ、約265万円の補償を受けることで解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由