相談者 女性(60代) / 福岡県糸島市在住 / 職業:会社員
事故態様 自転車対車
傷病名 右大腿打撲傷、右膝関節打撲傷、頚椎捻挫、腰椎捻挫、外傷後ストレス反応

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 【サポート前】約46万円 → 【サポート後】約98万円(約52万円増額
後遺障害慰謝料 【サポート前】0円 → 【サポート後】約99万円(約99万円増額
逸失利益 【サポート前】0円 → 【サポート後】約127万円(約127万円増額
合計額 【サポート前】約181万円 → 【サポート後】約461万円(約280万円増額

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県糸島市在住の会社員の60代女性が、横断歩道を自転車に乗って通過中、右折してきた大型車に自転車ごと巻き込まれ転倒するという交通事故に遭われました。

 女性はこの事故で右大腿打撲傷、右膝関節打撲傷、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負い、大破した自転車のフレーム先端が足に刺さっているのを見たことによる外傷性ストレス反応等の傷病を負われました。
 
 事故の翌日に一度ご相談いただき、弁護士費用特約がついていなかったため、相談時点では弁護士が介入することで却って損をしてしまう可能性が高く、メリットがないということで以後の治療や流れ等をアドバイスさせていただきました。

 その後、約1年経過した頃に保険会社より示談金の提示がなされたタイミングで再度ご連絡をいただき、提示内容等を確認した結果、弁護士が入ることで賠償金を増額できる見込みがたったためご依頼となりました。
 

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼時、事故後よりしっかりと治療を続けていただいたかいもあり、お怪我に関しては幸いにも改善し、治療を終了されていたものの、事故に遭ったことと自転車のフレームが自身の足に刺さったことを目にしたことによる精神的ダメージから自費で精神科に通院されている状況でした。

 そこで、主治医に初診から症状固定までの症状を細かく書面化していただき、ご家族にも事故後の生活状況についての資料作成をご協力いただき、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関して後遺障害申請を行いました。

 その結果、14級9号が認定されたため、認定結果を踏まえて交渉へと移り、最終的に提示された金額よりも約280万円を増額することで示談となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由