相談者 男性(20代) / 福岡市在住 / 職業:会社員
事故態様 バイク対車
傷病名 右リスフラン関節靭帯損傷、右足多発骨折、右脛骨遠位端骨折他

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 236万円
後遺障害慰謝料 278万円
逸失利益 388万円
休業損害 67万円
合計額 1348万円※自賠責保険金含む

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡市在住の会社員の20代男性が、交通整理が行われている交差点をバイクで直進しようと走行中、交差点を右折しようとした車に衝突され、衝撃で交差点脇のフェンスまで跳ね飛ばされて土手に落下するという交通事故に遭われました。

 男性はこの事故で男性は右リスフラン関節靭帯損傷、右足多発骨折、右脛骨遠位端骨折の怪我を負い、緊急搬送後にそのまま1か月の入院を余儀なくされました。

 入院後は歩行訓練などに励み症状が安定した後にリハビリのために他の病院に転院し、さらに1か月入院となりました。

 しかし、受傷部位の腫れが引かず、担当医も困惑していたため、後遺障害が残るのではないか不安になり、当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。
 

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼時はまだ治療中であったため、治療に専念していただき、約1年のリハビリの後に症状固定となりました。

 その後、後遺障害申請を行い、右脛骨遠位端骨折に伴う足首の痛みなどについて「局部に神経症状を残すもの」として14級が認定されたものの、リスフラン関節靭帯損傷については障害は認められませんでした

 そこで、担当医に確認したところ、靭帯損傷があるというという意見であったため、第三者が見てもリスフラン関節靭帯損傷の存在がわかるような意見書の作成をお願いし、異議申立を行いました。

 その結果、リスフラン関節の痛み等の症状について、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として第12級13号の認定を受けることができ、その後の示談交渉では傷害慰謝料は請求の満額、後遺障害慰謝料は請求の96%が認められ、裁判せずに1348万円の補償をうけることで示談解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由