相談者 女性(60代) / 福岡県糟屋郡在住 / 職業:主婦
事故態様 車対車
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 88万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 52万円
休業損害 58万円
合計額 297万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県久留米市在住の女性が、車で片側一車線の道路を走行していたところ、センターラインオーバーのワゴン車に衝突される交通事故に遭われました。

 加害者は、運転中にスマートフォンを見るいわゆる「ながら運転」をしていたそうです。

 事故の衝撃により、女性は頚部捻挫、腰椎捻挫、右足打撲傷、左肘関節捻挫等の怪我を負い、通院を余儀なくされました。

 事故から6か月ほど通院していたところ、保険会社から治療終了の打診があり、適正な治療期間や示談金を知りたいと当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼後、痛みの原因を探るために必要な精密検査を行うための費用を相手方保険会社に交渉し、同時並行で後遺障害に必要な書類をご本人に送付する等サポートを行いました。

 すべての資料が揃い後遺障害申請を行った結果、併合14級の認定を受けることができました。

 認定後は、適正な金額の慰謝料や逸失利益を獲得するために保険会社と交渉し、数回の交渉の末、慰謝料は裁判をした場合の約9割、主婦としての休業損害・逸失利益が認められ、最終的に297万円の補償を受けることで示談解決となりました。

 専業主婦・兼業主婦の場合、弁護士が介入することで保険会社の提示してきた金額から増額できる事がままあります。

 家事への具体的な支障をしっかりと主張することで適正な金額での補償を受けていただくことができ、よかったです。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由