相談者 女性(40代) / 福岡県在住 / 職業:会社員
事故態様 歩行者対車
傷病名 右膝打撲、右膝脛骨高原骨折、右膝関節捻挫、右膝関節水腫、右足関節捻挫、右下腿部打撲等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 112万円
休業損害 15万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 49万円
合計額 280万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

 福岡県太宰府市在住の40代の女性が、青信号の交差点の横断歩道を徒歩で横断中、左折してきた車に衝突され、右膝脛骨高原骨折・右膝関節捻挫・右膝関節水腫・右足関節捻挫・右下腿部打撲等の怪我を負う交通事故に遭われました。

 事故から4か月ほど通院を続けていたところ、保険会社から病院へ医療照会を行いますという連絡が入り、怪我の状態もまだ良くなっていなかったため、今後治療打ち切りを言われた際の対応や示談金の交渉などについて当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

弁護士の活動と関与した結果

 ご依頼頂いた時点では医師が作成した診断書にも「治癒には至っていない」という記載があったため、まずは治療に専念していただきました。

 事故から7か月ほど経った頃、医師へ確認の上症状固定となりましたが、膝には痛みが残ったままであったため後遺障害申請を行いました。

 その結果、「局部に神経症状を残すもの」として後遺障害14級9号の認定をうけることができました。

 その後の交渉では、傷害慰謝料・後遺障害慰謝料は裁判をした場合の金額の9割、逸失利益は裁判基準満額の金額を認めさせることができ、自賠責保険金を含めて280万円の補償をうけることができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由