相談者 女性(70代) / 福岡県久留米市在住 / 職業:無職(年金受給者)
事故態様 歩行者対車
傷病名 死亡

主な損賠項目と賠償金額

賠償金額 【ご依頼前】約2260万円 → 【ご依頼後】約2600万円(約340万円増額)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡県久留米市在住の事故当時70代の女性が、青信号で横断歩道を渡っていたところ、右折してきた車に巻き込まれるという交通事故に遭い、外傷性心破裂による外傷性出血性ショックにより救急搬送先の病院で亡くなられました

 事故から8か月が経過した頃、被害者のお兄様より「保険会社から賠償金の提示が届いたが、金額がこれで妥当なのかわからないので相談したい」とご連絡をいただきました。

 ご来所による相談を経て、相続人全員の委任状が揃った時点で当事務所にご依頼いただく運びとなりました。

弁護士の活動と関与した結果

 お問い合わせいただいた時点で保険会社からの事前提示がなされている状況でしたので、相談より前に書類をお送りいただき、事前に損害額の算定を実施しました。

 相談当日、算出した損害額をお伝えし、少しでもご不安点をなくせるように専門用語は使わず、できる限りわかりやすくご説明させていただきました。

 ご依頼後、すぐに保険会社に受任通知と損害計算書を送付し、交渉に移りました。

 数回の交渉を経て、最終的に、保険会社が提示していた約2260万円から約340万円増額の約2600万円で示談となりました。

 裁判をした場合、半年から1年程度の時間を要しますが、保険会社に請求してから2か月も経たずに裁判をした場合に想定された金額を超える補償を受けることができました

 しかし、法律的にどんなに適正な賠償金額を獲得したとしても、ご遺族にとって、大切な方の命に代わるものではないと存じます。

 弊所の活動が、少しでもご遺族の方々のお力になれることを願っております。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由