相談者 男性(40代) / 福岡市在住 / 職業:会社員
事故態様 バイク対車
傷病名 骨盤骨折、股関節痛、左膝部挫創等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 約156万円
逸失利益 約152万円
休業損害 約194万円
最終合計金額 約500万円(自賠責保険金・治療費除く)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

 福岡市在住の40代の会社員の男性がバイクで道路を直進中、右折してきた対向車に衝突されるという交通事故に遭われました。

 男性はこの事故で骨盤骨折、股関節痛、左膝部挫創の怪我を負い、約3か月半の入院を余儀なくされました。

 退院後は仕事が忙しく病院に思うように通えない状況が続き、相手の保険会社から後遺障害申請や示談の話をされ、まだ痛みがあるのでどうしたらいいかと悩まれ、知人からの紹介で当事務所にご相談いただき、ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

 男性の通院頻度などから、早期に後遺障害申請をしたほうがいいと判断し、ご依頼と同時に準備を進めました。

 主治医に作成していただいた後遺障害診断書のチェックや今回の交通事故で発生した損害額の計算などを同時進行で行い、すべての資料が揃ったタイミングで後遺障害申請を行いました。

 しかし、残念ながら非該当という結果となったため、ご本人様と相談の上、当事務所でカルテを取り寄せたり異議申立書の作成等を行い、認定結果についての異議申し立てを行いました。

 その結果、14級9号の認定を受けることができ、認定結果を前提に保険会社との交渉に移りました。

 示談交渉では、休業損害が主な争点となりましたが、ご依頼様に提出いただいていた事故前の給与明細や勤怠表などの資料を用いて交渉を行い、無事インセンティブを含んだ金額が補償されました。

 最終的に約500万円での示談解決となり、裁判をした際に予測された金額を大幅に上回って解決することができました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由