相談者 男性(60代) / 北九州市在住 / 派遣社員
事故態様 車対車
傷病名 頚椎捻挫・腰椎捻挫

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 1,000,000円
後遺障害慰謝料 1,100,000円
休業損害 600,000円
後遺障害逸失利益 600,000円
総賠償額 3,300,000円

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

60代の北九州市在住の男性(派遣社員)が、駐車場に入るため一旦停止していたところ、後続車から追突された過失100:0の交通事故で、頚椎捻挫・腰椎捻挫を受傷しました。

事故に遭って治療を開始し2か月経ったところで相手方に弁護士がつき、治療費の対応を打ち切ると言われていることや、休業した分をきちんと補償してくれるのか、後遺症の申請をした方がいいのかなど、分からないことばかりで、相手方の有利な方向で話が進むのではないかと心配なので、弁護士に依頼したい。というご相談でした。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼を受け、まずは後遺障害の申請をする方針で進めていくことにしました。

初回の後遺障害申請(被害者請求)は非該当という結果でしたが、当該結果に不服だったことから、追加で医証を揃え、再度後遺障害の申請(異議申立て)を行いました。

その結果、後遺障害14級の認定を受けることができました

等級獲得後、相手方の弁護士と示談交渉を行い、無事に被害者にご満足いただける示談金を獲得することができました。

弁護士より

弁護士桑原
被害者は、今回の事故により首や腰の痛みが残り、日常生活にも支障がある状態でした。

初回の後遺障害申請では非該当となりましたが、異議申立てて覆せるのではないかと考え、異議申立てを行ったところ、無事に14級の認定に至りました。

示談も交渉開始してから比較的早期にまとまりました。

被害者とすれば、相手方に弁護士がつくと、それだけで不安な状況になると思いますが、精神面にも配慮してサポートできたのではないかと思います。

お客様の声

お客様アンケート

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由