相談者 男性 / 福岡市在住 / 会社員
事故態様 バイク対車
傷病名 脳震盪、顔面挫創、右前歯牙欠損、左前腕捻挫、顔面麻痺、嗅覚障害、味覚障害等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 1,670,000円
後遺障害慰謝料 7,000,000円
後遺障害逸失利益 14,800,000円
休業損害 130,000円
総賠償額 22,000,000円(過失相殺後、治療費・自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡市在住の会社員の50代男性が信号機のある交差点をスクーターで直進中、右折してきた車に衝突され転倒する交通事故に遭われました。

男性はこの事故で脳震盪・顔面挫創・右前歯牙欠損等の怪我を負い、搬送先の病院でそのまま入院となりました。

幸い、脳内出血等の症状がなかったため短期間で退院となったものの、顔に大きな傷跡が残ってしまったほか、顔面神経麻痺に臭覚・味覚の麻痺があり、後遺障害について当事務所にLINEにてお問い合わせいただきました。

弁護士との電話相談の後、奥様ともご相談されご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼後、これまでの診断書等の資料を集め、治療が終わっていなかった手首の捻挫や顔面麻痺、臭覚・味覚の障害についての必要な治療や検査のアドバイスを行いました。

その後、必要書類を揃え後遺障害申請を行い、申請後も自賠責調査事務所からの要請に応じて病院からレントゲン等の画像を取り寄せたり、ご本人から傷跡の写真を送っていただく等のサポートしました。

その結果、残念ながら味覚異常と左手については非該当となったものの、顔の傷跡で9級、臭覚異常について12級、顔面麻痺で14級の後遺障害が認められ、これらを合わせ併合8級の認定を受けることができ、後遺障害に関する自賠責保険金だけで819万円を獲得することができました。

その後、認定結果を踏まえて損害計算を行い、保険会社との交渉にうつりました。

通常、傷跡や味覚障害については、「収入に影響をあたえない」として裁判でも逸失利益の賠償が否定されてしまうケースも多いものの、今回は示談交渉の段階でこちらの主張がほとんど認められ、傷害慰謝料につていも通院期間に見合った適切な金額を認めてもらい、最終的に約1278万円の補償を受けることで解決となりました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由